メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金星の弓模様解明=探査機あかつき観測―JAXA


金星の弓模様解明=探査機あかつき観測―JAXA
時事通信 1/17(火) 5:02配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000005-jij-sctch

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と立教大などの研究グループは17日、探査機「あかつき」が金星で撮影した南北1万キロに及ぶ弓形の模様について研究結果を発表した。地形の影響で発生した大気の乱れが上空に伝わり、巨大な模様を形成した可能性が高いという。論文は同日付の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に掲載された。

 あかつきは2015年12月、金星の周回軌道投入に成功した直後、赤外線カメラなどで撮影。温度差を可視化できる赤外線画像には、金星を覆う硫酸の雲の頂部(高度約65キロ)に南北約1万キロに達する弓状の模様が現れていた。

 金星には「スーパーローテーション」と呼ばれる秒速100メートルの東風が常に吹いているが、この模様は乱されることなく4日以上続いた。同様の現象はその後の観測でも数回確認された。

 立教大の田口真教授らは、弓状の模様が出現した場所の直下に、いずれも標高5000メートルを超える高地があることに着目。地球でも山脈にぶつかった風が気圧変動を起こす場合があることから、金星で同様の変動が起きたと仮定してシミュレーションを行った。

 その結果、高度10キロ以下の低層大気で起きた気圧の変化が大気中を波のように伝わり、高度65キロで弓状の形に広がることが判明。この高度にある雲頂部の温度にも影響を与えていた。




スポンサーサイト
[ 2017/01/19 00:33 ] 宇宙開発 | TB(0) | CM(0)

日本飛行機、ロケット部品製造も1億8千万水増し請求


日本飛行機、ロケット部品製造も1億8千万水増し請求
2004/07/31 00:36
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040730-00000212-yom-soci

 文部科学省は30日、大手航空機メーカー「日本飛行機」(横浜市金沢区)が旧宇宙科学研究所(現宇宙航空研究開発機構)に対し、ロケットの部品製造費を約1億8000万円水増しして請求していたと発表した。
 同社は「見積もりに過失があった」として、同日、法定利息を加えた約2億1000万円を文科省に返納した。文科省は「労働時間の上乗せではなく、意図的ではないとみられる」として、刑事告訴などはしない方針だ。
 日本飛行機が過大請求していたのは、宇宙研の主力ロケット「M5」の部品製造費。同社は1998―2001年に、M5ロケット4―6号機の本体最後部に取り付ける筒形の部品などの製造費として、宇宙研から計約6億1000万円を受け取った。しかし、1号機の部品製造時の原価などと比較すると、見積もりが高すぎることがわかった。

 同社は昨年、防衛庁に対し、作業員の労働時間を上乗せして計約86億円を水増し請求していたことが発覚。宇宙研はこれを受け、昨年8月から同社との契約書類などを調べ直していた。
 日本飛行機は、「見積もりの過失により、結果的に高い利益が生じていた。皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびします」とのコメントを発表した。

 ◆日本飛行機=国内の大手航空機メーカー5社のひとつで、1934年創業。民間航空機や軍用機、ロケットなどの部品を製造しており、2003年3月期の売り上げは約270億円。昨年4月に川崎重工業の子会社になった。(読売新聞)




[ 2017/01/18 23:53 ] 宇宙開発 | TB(0) | CM(0)

理事長ら給与10%自主返納=「ひとみ」失敗で注意処分―JAXA


理事長ら給与10%自主返納=「ひとみ」失敗で注意処分―JAXA
時事通信 6月15日(水)12時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000055-jij-soci

宇宙航空研究開発機構の奥村直樹理事長は15日の定例記者会見で、X線天文衛星「ひとみ」の失敗について、自身と遠藤守副理事長、科学衛星を担当する宇宙科学研究所(ISAS)の常田佐久所長(理事)を同日付で厳重注意処分にしたと発表した。

3人は給与の10%を4カ月間、自主返納する。

奥村理事長は「国民の期待を著しく損なうことになった。再び起きないよう猛省する必要がある」と改めて陳謝。ISASが年度内に打ち上げを予定している科学衛星「ERG」について、直接開発に携わっていない実用衛星の開発部門による総点検を実施することを明らかにした。 




[ 2016/06/16 10:52 ] 宇宙開発 | TB(0) | CM(0)

米高官、中国の衛星攻撃を懸念





米高官、中国の衛星攻撃を懸念
規範策定が急務
【 2015年07月15日 18時50分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/international/article/20150715000136

米高官、中国の衛星攻撃を懸念

慶応大で講演するローズ米国務次官補=15日午後、東京都港区

来日中のフランク・ローズ米国務次官補(軍備管理・検証・順守担当)は15日、東京都内の慶応大で講演し、中国による衛星攻撃兵器(ASAT)開発が宇宙の安全を脅かしているとして「強く懸念している」と述べ、宇宙利用の国際的な規範づくりが急務だと訴えた。

米国は宇宙分野の進出に意欲を見せる中国への警戒を強めている。ローズ氏は人工衛星の防衛力を高めると同時に、日米が宇宙分野の情報共有を進めて対応する必要性があると指摘した。

中国とロシアが2008年に共同提案した宇宙の軍備管理に関する条約案については「欠陥がある」と批判。(共同)(共同通信)



[ 2015/07/17 14:55 ] 宇宙開発 | TB(0) | CM(0)

探査機あかつき、金星へ正念場





探査機あかつき、金星へ正念場
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150709000146

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、金星に向かっている探査機「あかつき」の軌道を、7月下旬に3回にわたり修正すると発表した。主エンジンが壊れているため、軌道修正の実績がない小型エンジンを使う。失敗すれば、金星に近づきすぎて落下する可能性もあり、研究チームは「正念場だ」としている。

あかつきは2010年に金星を回る軌道への投入に失敗しており、ことし12月7日の再挑戦を目指している。

JAXAによると、軌道投入失敗時に主エンジンが破損したため、その後は姿勢制御用の小型エンジンを使い運用している。7月17日と24日、31日に計7分半ほど噴射する計画という。(共同通信)




[ 2015/07/09 20:46 ] 宇宙開発 | TB(0) | CM(0)
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。