FC2ブログ

メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

<秋庭原子力委員>NPO理事長時も電力業界から資金

<秋庭原子力委員>NPO理事長時も電力業界から資金
毎日新聞 5月9日(木)22時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130509-00000089-mai-soci

 内閣府原子力委員会の秋庭悦子委員(64)が顧問を務めるNPO法人「あすかエネルギーフォーラム」(あすか)が東日本大震災以降、電力業界から多額の支援を受けるなどしていた問題で、秋庭氏は9日の参議院環境委員会の質疑で、自身が理事長を務めた2010年1月以前にも、あすかが電気事業連合会や東京電力などから資金提供を受けていたことを明らかにした。資金提供が秋庭氏の理事長時代から続いていたことが判明し、秋庭氏と電力業界との密接な関係が浮き彫りになった。

 あすかは秋庭氏が01年に設立し、10年1月の原子力委員就任まで理事長を務めた。

 秋庭氏は9日、政府参考人として出席し、水野賢一参院議員(みんなの党)の質問に答えた。その中で、あすかが、電力10社で構成する電事連や東電などから大震災後に事業委託などとして1800万円余の支援を受けたことについて、「委員になってからは経営に関わっていないので、分からない」と答弁した。ただ、自身の理事長時代について、「割合(金額)は分からないが、支援はいただいていた」と認めた。

 一方、理事長時代のあすかからの報酬については回答を避けた。あすかが東京都に提出したNPO事業報告書によると、秋庭氏は理事長報酬を受けていた。

 また、原子力委員就任後、あすかや関連団体の事業に少なくとも19回参加し、公用車も利用していたことを認めた。秋庭氏は「(あすかの)会員を辞めたわけではないので、研修会などに参加することはある。講演の場合は、公務として車を使用した」と話した。

 秋庭氏がこの問題について公に発言するのは初めて。原子力委を巡っては、東電出身の尾本彰委員(64)が委員就任後も同社顧問として報酬を受けていたことが国会で追及され、今年3月に委員を辞任している。【杉本修作、向畑泰司】
関連記事
[ 2013/05/10 00:45 ] 原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。