FC2ブログ

メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

在日韓国大使館の新庁舎、在日韓国人が無償提供

1:HONEY MILKφ ★:2013/07/18(木) 08:53:02.80 ID:???

■ 在日韓国人の実業家が土地・建物を無償で寄贈
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東京都港区南麻布で建設が進められていた在日韓国大使館の新庁舎が18日に開館式を迎える。新庁舎は地下1階、地上7階建てで、敷地面積は1万218平方メートル(3091坪)だ。東京でもとりわけ地価が高いとされる場所に韓国大使館を開設できたのは、元々在日韓国人の故・徐甲虎(ソ・ガプホ)氏(1915-76)=写真=が土地と建物を無償で寄贈したからだった。

現在の蔚山市出身の徐氏は、14歳のときに日本に渡り、「阪本紡織」を設立するなど一代で財を成した人物だ。一時は日本で高額納税者1位に躍り出たこともあった。1960年代に阪本紡織を設立した徐氏は、韓国の繊維産業の発展にも大きく貢献した。62年には朴正煕(パク・チョンヒ)国家再建最高会議議長(後に大統領)と面会し、大使館用の土地と建物を寄贈した。韓国政府は2010年、老朽化した大使館の庁舎を解体し、約800億ウォン(約71億2300万円)の費用をかけ新庁舎を建設した。大使館側は、徐氏による土地や建物の寄贈について後世に伝えるため、新庁舎1階に在日韓国公館の歴史を紹介する資料館を設け、徐氏の雅号にちなんで「東鳴室」と命名した。

東鳴室には徐氏に関する資料を展示するとともに、胸像も設置される。大使館側は開館式に際し、徐氏の遺族のソ・サンオク、ソ・サンウン、ソ・ギョンナムの各氏に感謝状を授与する。孫のソ・ヘンジャさん(42)は「誰よりも国を愛した祖父は、自分だけでなくほかの在日韓国人の企業に対しても、韓国への投資を積極的に働き掛けた。祖父の業績が評価されるきっかけになればと思う」と語った。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/18/2013071800465.html




90:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/18(木) 09:48:36.00 ID:puKTEh1q

これは半分嘘。
この大使館の土地の半分は日本の寺だった。
江戸時代から我が家の菩提寺だった。
ところが、戦後、隣にある韓国領事館に寺の土地を取られた。
正確に言うと国が接収して、韓国に渡した。
仕方が無いので我が家は同じ臨済宗の寺に墓を移した。
と言うか買ったんだよ。
えらい迷惑だったと死んだ祖母が怒っていた。
ちゃんと取材すればわかることだ。
なんちゃら日報じゃ無理か。
パブ記事だろ、これ。



135:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/18(木) 11:22:26.01 ID:Qhae2Fic

>>90
これは貴重な証言だ
もっと詳しくお願いします



145:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/18(木) 12:55:12.20 ID:puKTEh1q

>>135
麻布の韓国大使館の土地には、江戸時代から臨済宗妙心寺派春桃院というお寺があった。
祖母の話では境内で麻布界隈の子どもたちが遊べるくらい大きな寺だった。
戦後、それに目をつけたのが隣にあった韓国大使館。
大使館が手狭だなんだと日本政府に訴えたらしい、春桃院の土地は国に取られて韓国大使館の一部になってしまった。
春桃院は国から代替地として明治通りから一本入った宅地を貰い移転したが、
宅地なので墓が建てられない。
そのため檀家は、臨済宗の他のお寺に墓を移した。
他のお寺だって事情は理解してくれたが、無料で墓は建ててくれない。
まあ、当然だろう。
我が家も戦後の金の無い時代に新しく墓を買わないといけなかったそうだ。
さて、誰が悪いのかな、これは。



100:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/07/18(木) 10:04:41.67 ID:1I3v5boe

在韓日本大使館は建替えどころか不要だ!

断交して、撤収しろ!

反日敵国のキ印バ韓国と友好など未来永劫あり得ん!
関連記事
[ 2013/07/19 11:18 ] 韓国は日本の敵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。