FC2ブログ

メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

硫黄島の高松宮殿下

594 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 00:13:29 ID:QXBLtpWp0
硫黄島の高松宮殿下

『高松宮日記』全八巻の完結を前に、『This is 読売』一、二月号に連載された高松宮妃殿下と作家の阿川弘之氏の対談の中に、初めて紹介されるエピソードがある。
昭和四十六年三月、高松宮殿下が硫黄島戦跡をご訪問になった時のことである。
硫黄島は大東亜戦争末期、米軍七万五千の猛攻を、二万余の日本軍将兵が祖国防衛のため、一ヶ月以上に渡って奮戦し玉砕(全滅)した島である。
戦後、昭和四十三年まで米国の管理下にあったため、殿下のご訪問当時は、まだ未整理の洞窟があり、遺骨はそのまま散乱していたという。
殿下が先ずお訪ねになったのは、米軍の火焔放射器でやられ、ブルドーザーで生き埋めにされかけ、苦しみもがきながら脱出を試みた兵隊たちが、折れ重なって死んだ跡地だった。
「前もっての説明何もなしで洞窟の前へ立たれた殿下は、ハッと息を呑む気配をお見せになり、やがて地べたに正座し、両手をついて首を垂れて、暝想状態に入られた。
一言もおっしゃらないから、何を念じていらっしゃるのか祈っていらっしゃるのか分からないけれど、随行の者みな、電気に打たれたような気分だったと聞いております。
大分長い時間そうしていらして、やっと立ち上がられた」

次にお訪ねになったのは、遺骨の整理が既に済んでいる壕だった。
とはいえ、拾い尽せなかった骨もあり、至る所に散らばったままの骨片もあった。
仕方なしに海上自衛隊駐屯部隊の隊員も、ふだんは靴で遺骨を踏んで歩くようになってしまっていたという。
 「ところが、殿下はためらわれた。そうして、つと靴を脱ぎ靴下も脱ぎ、素足になって、骨片の散らばる洞窟内へ入って行かれた。
私も知ってますが、硫黄島という名前の通り、あの島の壕の中に地面から硫黄のガスが噴き出しているんです。
そこを素足で視察した人は、後にも先にも高松宮様お一人だそうです」
ちなみに、平成六年二月、天皇皇后両陛下も同島を行幸啓になり、次のようにお詠みになった。

精根を込め戦ひし人未だ地下に眠りて島は悲しき(天皇陛下)

慰霊地は今安らかに水をたたふ如何ばかり君ら水を欲りけむ(皇后陛下)

〈初出・『明日への選択』平成10年2月号〉




595 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 00:14:56 ID:QXBLtpWp0
↑なんだけど、涙出た。
美智子さまの句がズシリとキタ。
高松宮殿下はもしかして洞窟内で「何か」みえたんだろうか。
皇族ってかわった力持ってる人いるかもしれない。



598 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 03:50:02 ID:q93I8bwZO
>>595
一応神官の家系なんだし、やっぱ何かしらはあるんでね?



600 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 09:46:56 ID:0tLPOGMZ0
宮様が来られて以降、硫黄島での幽霊話がめっきり減ったという話も聞いた。
(硫黄島は出まくるくらい出るところ。お水のお供えすると翌朝には空になってるとか)



602 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 12:33:06 ID:ovtxAgkl0
>>600
小沢と菅が硫黄島に行ったとき、小沢の背中に英霊がついていった
のが見えたという話だが・・・・。



603 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 16:38:34 ID:+l6DoGVE0
>>594の話、以前のスレかなんかでも読んで感慨深かった。
高松宮殿下のお振舞いにも、両陛下のお歌にも感銘を受けるよね。
「硫黄島からの手紙」って映画を見ながらこの話を思い出したら
映画館で涙が止まらなかったよ、チラ裏スマソ



604 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 18:16:06 ID:DTgFhcC50
美智子様の句に涙が出ました。
平民の出身であるけれど、皇室に呼ばれたかただと思いました。
硫黄島の英霊の方に美智子様の思いが届きますように。



605 : 本当にあった怖い名無し 投稿日:2006/12/19(火) 18:18:09 ID:f0kv6JSe0
明治以降、戦争では皇族の男子が陣頭指揮をとることも珍しくなかったと本で読んだ。
男子皇族の間では国のため、国民のために命を奉げる覚悟が出来ていて、
実際に戦争で命を落とされた宮様もいらっしゃったそう。
だから高松宮殿下も両陛下も、犠牲になられた多くの英霊に対して、想像もつかないほどの
責任感がおありなのだろうね。
関連記事
[ 2013/09/01 01:35 ] 皇室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。