FC2ブログ

メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

韓国人の妨害にもめげず;アーチェリー山本41歳、5度目の五輪射抜いた弓の達人

スポーツNOW(12月17日付)
http://www.nikkansports.com/ns/sports/sportsnow/031217.html

アーチェリー山本41歳、5度目の五輪射抜いた弓の達人

男41歳。普通なら心にも体にも疲れが見える年齢で世界と戦う選手がいる。アテネ五輪アーチェリー代表の山本博。日本男子では最多5度目の五輪出場になる。昨年、団体を含めて8種目の日本記録を塗り替えた。84年ロサンゼルス五輪銅メダリストは、その後20年間トップに君臨し続けている。勤務する大宮開成高を訪ね、不惑をすぎた男の強さに迫った。師走に入っても慌てず騒がず、マイペースで悲願の金メダルへ調整を続けている。

 ロス五輪で銅メダルを取った21歳の大学生は今、41歳のおじさんになった。それでも山本はトップの座を譲らない。7月の世界選手権でアテネ五輪出場枠を獲得し、9月には代表に内定した。本番から約1年前に5度目の五輪切符を手にしたが、気負いも重圧も感じさせない。教べんを執る高校の校舎に隣接する練習場で、その強さの秘密に触れた。

 ◆広い視野 同行したカメラマンがウロチョロしても、決して動じずに矢を射続けた。矢は次々に的の中心に突き刺さった。「(写真は)自由に撮って構いません。矢が通る1・5メートルの範囲外ならいいですよ」。集中力がそがれないのかという心配は無用だった。「カメラマンの存在が情報として入っているからね。この競技は木の葉が動いたら狙いを変える判断をしなければいけない。的に集中しているが、非常に視野の広い中で見ている」。

 ◆風を読む 風の読みは技術、集中力と並ぶ要素の1つ。肌をなでる感触や木々の揺れ、雲の動き、観客席に流れるたばこの煙など、あらゆる情報を集約する。横からの微風なら30センチほど狙いをずらす。「心技体が高いレベルにあれば、風が見えてくる。来年そういう状態になっていなかったら見えないで終わる。見えると信じていますけどね」。

 ◆雑音平気 昨年のアジア大会で韓国選手と対戦した時、観客席で何度も携帯電話が鳴った。意図的と思えるほどタイミングは射る直前に集中した。しかし「抗議をすれば技術不足をさらけ出すようなもの」という。練習場では常に携帯電話を傍らに置き、不意の着信音にも動じない訓練をしている。

 ◆空を見る 射る前、必ず空を見上げる。無意識にひと呼吸して気持ちを落ち着ける。「空はどこも同じ。自分のホームグラウンドを思い出せる」。プレ五輪で経験したアテネの試合会場はスタンドが近くて高い。本番に備えて首の角度を変えて射る練習も取り入れている。

 ◆自然体が 授業や部活動の指導で5年前から練習量が半減したにもかかわらず、成績は反比例してグングン上がった。13種目保持する日本記録のうち、8種目を02年に塗り替えた。以前は毎日7時間、300本の猛練習を繰り返していたが、今は多くて3時間、150本。「体がつらいと練習を落としちゃう」。自然体がピークを過ぎた肉体を維持する。晩酌もする。忘年会にも出る。年末年始の過ごし方はサラリーマンと大差はない。

 経験からくる落ち着き。入念な準備。自分自身に無理強いをしない心の余裕。70メートル先の人間の頭に乗せたリンゴを百発百中で射抜く力がなければ世界では戦えない競技で、不惑をすぎたロビン・フッドが金を射抜くかもしれない。【岡山俊明】
関連記事
[ 2013/09/10 23:05 ] 韓国は日本の敵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。