メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<中間貯蔵>通信システムがウイルス感染か





<中間貯蔵>通信システムがウイルス感染か
2015年06月18日 木曜日
◎廃棄物試験輸送が一時中断
http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150618_63017.html

東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設を運営する環境省の外郭団体「中間貯蔵・環境安全事業」(JESCO)は17日、通信システムがコンピューターウイルスに感染した可能性があると発表した。廃棄物の輸送を管理する別のシステムの安全性を確認するため、同日予定していた試験輸送が一時中断した。

建設予定地の地権者などに関する情報は同省が別に管理しており、個人情報流出の被害は出ていない。

JESCOによると、12日にシステムが不正通信を行っていると外部の専門機関から指摘を受けた。不正アクセスの痕跡があった職員用端末2台を特定し、16日夜にインターネット接続を遮断した。環境省は、福島県川内村で17日朝から予定していた試験輸送を一時中止。輸送管理システムに影響がないことを確認後、3時間半遅れで再開した。

輸送管理システムは県の一部端末でも接続できるが、環境省がウイルス感染の可能性を伝えたのは17日朝だった。県は「感染が広がる恐れもあった」として環境省に迅速な情報提供を申し入れた。

JESCOは国が全額出資する特殊会社で、中間貯蔵施設のほか、全国5カ所で有害化学物質の処理施設を運営している。



関連記事
[ 2015/06/18 12:18 ] 原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。