メモっとこ!

興味があるジャンルのコピペネタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国政府、イスラエルに対して総額400億ドルの軍事援助を実施へ・米国による対外援助としては史上最大


米国政府、イスラエルに対して総額400億ドルの軍事援助を実施へ・米国による対外援助としては史上最大
by Joseph Hoffman
http://business.newsln.jp/news/201606170709120000.html

米国政府がこれまでに実施してきた対外援助としては最大規模となるイスラエルに対して、総額400億ドル(約4兆2000億円)の軍事援助の実施を計画していることが13日、スーザン・ライス(Susan Rice)国家安全保障問題担当大統領補佐官による発言で明らかとなった。

総額400億ドルの軍事援助は向こう10年間に渡って実施される予定となっており、この軍事援助を通じてイスラエルは保有する航空戦力や防御用ミサイルの近代化を進めることを予定している。

米国政府は、イスラエルに対して2015年度には31億ドルを、2016年度についても40億ドルの軍事援助を実施することを予定している。

民主党の大統領候補となるヒラリー・クリントン氏は、イスラエルによるヨルダン川西岸地区への入植に対して反対の意向を表明。また、共和党候補のドナルド・トランプ氏は保護主義の立場から海外への積極的な軍事展開には消極的な姿勢を示していることもあり、イスラエル政府は、政権交代により、米国政府の中東戦略に変化が生じることを恐れて、2016年分の40億ドルの軍事援助についてはできるだけ早期に実施することを求めている。

スーザン・ライス大統領補佐官は、月曜日に行った講演のなかで、米国のイスラエル重視の政策は、民主党や共和党といった政党レベルのものではなく、アメリカ人による総意とした上で、この政策については今後も変化が生じることはないだろうと述べた。






関連記事
[ 2016/06/19 22:07 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
検索フォーム
プロフィール

もる

Author:もる
お笑い、フィギュアスケート、真面目にオカルト。
管理人もるの備忘用ブログです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。